journal

マイナスなことは手放せてもプラスなことは手に掴んでおきたくなる。楽しさをずっと纏っていたいから。その居心地の良い楽しさが乱されると、「失いたくない」という余計な執着を生み出す。執着が生まれると、「楽しい」という気持ちがどんどん消えていく。だから苦しいことも楽しいことも平等に捉えて、どちらも手放せますように。そもそも「手に入れること」も、「失うこと」もただの幻。それでは皆さま、良いお年を。#良いも悪いも断捨離じゃ
journal

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

Leave a Reply