journal

両祖父が他界したのは30年も前のことだけど、母方の祖父は戦時中、少なくとも昭和19年から終戦まで台湾は高雄にいたことをつい先日知る。 「御両親様」から始まるハガキには、マラリアにかかったこととか、家族を心配している言葉が綴られていて、聞いていた人柄とは全然違う印象の、丁寧で几帳面な文字だった。画に描いたようなロクデモナイひとだったらしいけど、「根が真面目だから呑むとタガが外れたのだろう」と、「都合良く解釈してあげることにした」という母の言葉が印象的。というわけで、(というのは全然違くてただの偶然だけど 笑)高雄行ってきます!! #高雄 #台湾
journal

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

Leave a Reply